N.Sさんのインタビューページ

N.S
 (プレーピア 法人営業)

ミライユに入るまでの人生を教えてください。

大学在学中に居酒屋でアルバイトをしていたのですが飲食の仕事が好きだったので、卒業後は正社員として、そのまま続けることになりました。
学生時代を含めると7年間も続けていたのでひと通りのことを経験することは出来たのですが、 あまりに労働環境が良くなかったため、長くは働けない現場だなと思うようになりました。

人が働く上でモチベーションを感じるポイントってそれぞれ違っていて、人に喜んでもらえること、お休みが取れること、給料が高いこと、 スキルを正当に評価されることなど、色々あると思うのですが飲食業界ではどれも出来ていなければ、 そんな課題に気付いてさえいないことが分かってきたんです。

それでも好きで続ける人はやはりいるのですが、根本から変えないとみんなが幸せになれないと思い、転職を考え始めました。

ミライユに入社を決めたのはなぜですか。

転職活動は、これまでやってきた飲食業界×人材紹介の領域で、 かつマニュアルやルールに縛られるのは好きじゃないのでベンチャー企業の中から探していました。

その条件で何社か面接を受けていたのですがピンとこず、入社してもストレス溜まりそうだし、 のびのび出来ないなぁと感じていました。

一方で飲食のキーワードでは引っかからなかったミライユをなんとなく受けてみたら、飲食の人材紹介もやろうと思っていると言われたんです。
その時に社長の岡田さんが「やるなら一番になる」と自信を持って言っていたのがすごく響いたというか、一緒にやってみたいと思ったきっかけになりました。

あとは、面接の時に僕が定期ケースを会社に落としてしまったんですが、その時に岡田さんが着の身着のままで駅までスリッパで走って届けてくれたのが嬉しくて、従業員想いの温かい会社なんだろうなと思えたことが最終的な決め手となりました。

実際に入ってみてどうですか。

飲食の事業は本当にやるのか、いつから始めるか等は未定だったため、入社後半年間はタクシードライバー紹介のキャリアアドバイザーを担当しました。 自分としてもまずは人材紹介の業務を覚えて、飲食事業がスタートした時に即戦力になりたいと思っていたため、今出来ることをひたすらに頑張り、入社数か月でリーダーのポジションに就くことも出来ました。

ある日突然「そろそろ飲食スタートするから」と言われ、事業責任者へ就任することになりました。これまで全く関わったことのなかったwebサイトのLPやサービスロゴを企画する業務を貰えたり、正直想像していた以上に携われる範囲が広く、これまで以上に刺激的な日々が始まりました。事業としてまずは人材紹介のサービスからスタートするので、早く売上を立てて人材紹介以外へもサービスの幅を広げていけるべく奮闘中です。

休みの日は何をして過ごしていますか。

これまでは土日の休みが全くなかったので、今は奥さんとゆっくり過ごせるようになったことがすごく幸せですね。
以前は休みがあれば、服が好きでなので買い物に行ったり、ギャンブルをしたりしていましたが最近ではあまりそういう欲はなく、 家の掃除とか普通の生活をしているだけで幸せです(笑)。

これまでの人生で最高にハッピーだった瞬間を教えてください。

実は今、奥さんが妊娠9か月でして。
病院で先生に「赤ちゃんがいますね」と言われた瞬間は本当に言葉では表せないような感情でした。めちゃくちゃ嬉しかったのですが、もちろん不安もあって・・・、でも最高に幸せでした。子どもが大好きで本当に楽しみなので、検診も毎回一緒に行っていますし、休みの日に赤ちゃん用品を見に行くのもワクワクしますね。

あとは結婚式の時に父親が締めの挨拶をしながら泣いてくれて、感謝やこれまでの思い出や色んな感情が溢れてきて、自分も泣いてしまいました。

ミライユでやっていきたいことや将来の夢があれば教えてください。

まずは飲食の事業を拡大していきたいです。まずは人材に関するサービスを軌道に乗せると同時に、業界を変えるためにはコンサル的に内部から入り込んでいかないといけないと思っています。

その後は配送や流通・農業・店舗運営、最終的には全国のシャッター街をミライユの店舗として復興させ地域活性化にも貢献していきたい・・・と多様な展開を構想をしていて、夢がどんどん膨らんでいます!
また飲食事業の責任者としてやるからには、ミライユを担うような基幹事業にしていきたいですし、個人的にも結果を出してもっともっと上を目指していきたいです!

他のミライユメンバーもチェック!