A.Mさんインタビューページ

A.M
 (セキュリティーワーク キャリアアドバイザー)

ミライユに入る前に。

佐賀県で生まれ育ち、学生時代には金管バンド・吹奏楽、ヒップホップのダンス等をやっており、音楽がずっと大好きでした。 進学を考えた時に普通は嫌だなと思い、やはり好きなことをしたいと、大阪にある歌の専門学校に行くことに決めました。
専門学校卒業後もしばらくは音楽活動をしていて、アルバイトをしながらイベントに出演したりオーディションを受けたりと活動していました。

その後ブライダル業界へ入り、サービススタッフとして約1年半働きました。
ここでは出勤時間とかの概念がないくらい働きづめで大変だったのですが、やはり人の役に立つ仕事だったし本番の感動も大きく、 やりがいは感じていました。
ただ一日中業務がある中で、会場の音響もやらないといけなかったり、そのための試験があったり、 失敗が許されない現場での激務だったため、ストレスも多くずっと続けていくことは出来ないなと感じ退職をしました。

ミライユに入った理由。

昔から人の話を聞くのが好きだったので、人材業界を志望しました。
人材業界はもちろんオフィスワークも初めてのことで、周囲からは「ベンチャーで大丈夫なの?」と聞かれることもあったのですが、 ベンチャーという言葉もあまり分かっていなくて(笑)。
ただ会社のアットホームな雰囲気に惹かれ、ここなら大丈夫だろうと、何故か不安はありませんでしたね。 面接で聞かれる内容が、他の企業では「本当に出来る?やれる?」というスタンスなのに対し、 ミライユでは「うちに入社するのはあなたのためになる?それで大丈夫?」という風に個人を尊重してくれるスタンスだったことも、 安心感につながったのかなと思います。

入社してみて。

これまではサービス業界がほとんどだったため、オフィスでの勤務に初めはすごく緊張していました。
好きな時間に休憩して、定時で帰ってもいい、という自由を経験したことがなかったので、初めは恐る恐る行動していました(笑)。

ただ本当に楽しい人が多い会社で、例えば電話しながらバランスボールで跳ねてる人が視界に入ったり、 社内でいきなり亀を散歩させてる人がいたり(笑)。 こんなに自由なんだと思い、すぐに環境にも慣れることが出来ました。

ミライユに入って嬉しかったこととか楽しかった瞬間。

私は元々ストレスを感じやすいタイプですが、ミライユでは日々ストレスを感じないですね。 何故かというと・・・、自分の弱い部分も受け入れて分かってくれた上で、 「じゃあどうやったらいいか」みたいな考え方をしてくれるからかもしれません。
一度うまくいかなくてもチャンスがなくなるわけではないし、不安があったら共有してみんなで考えたり、 ひとつの目標に向かってみんなでやっていこうと。個人的にはすごく悩むタイプなのですが、 目標がありゴールへの道が少しでも見えれば猪突猛進になれるので、今は突っ走れています。

今後やっていきたいことを教えてください。

社員がすごいペースで増えていく中で、私は人に教えることが好きなので、率先して教える立場にはつくようにしています。 トップで引っ張るよりそのサポートとして調整したり立ち振る舞うことが性に合っているし、 みんながハッピーなのが嬉しいので、今もチームの中ではそんなポジションにつかせてもらっています。

3人の兄がいて、子どもの頃からみんなが楽しくやれるように、バランスを取りながら生きてきたので 染みついている感覚があるのかなと思っています。今後はもっと社員が増えると思うので、 みんなに安心感を与えらえるような調整役になりたいです。

あと、セキュリティワークの求職者は年輩の方が多いのですが、お話をしているととってもアクティブで元気だったりします。 それなのに年齢だけでなかなか働ける場所がない、という状況は本当にもったいないなぁと日々感じているので、 働きたくても働けない人をもっともっと支援できるような会社にしていきたいと思います。

ハッピーを感じる瞬間を教えてください。

金曜の夜に布団の中で一週間を終える瞬間が一番幸せです!
あとは元々佐賀の田舎の出身なのでやっぱり大自然は安心するというか、旅行で自然が多いところに行くのは好きです。

趣味とか休みの日にしてることがあれば教えてください。

最近フィールサイクルを始めました。
暗闇でミラーボールが回っていてる中、 大音量のクラブミュージックに合わせてみんなでバイクを漕ぐエクササイズで、ストレス発散にもなり楽しんでます!
あとはおみくじを引く度に英語を勉強しなさいと書かれているので、そろそろ始めたいです(笑)。

他のミライユメンバーもチェック!